美容外科の受付の求人での出来事とそのオチについて

就職活動時に美容外科の受付に一度応募した

就職活動時に美容外科の受付に一度応募した : 不採用だったが美容外科の受付はただの事務仕事ではない : 余裕が無かった当時採用されていたら壊れていたかも

就職活動をしていた頃に一度だけ、美容外科の受付の求人に応募した事があります。
当時持っていたスキルとは無縁な仕事でしたが、なかなか就職できなかった現状に焦っていた自分は手当たり次第に仕事を探し回っていたものです。
そんながむしゃらだった頃に応募した美容外科の受付の求人によって面接の声がかかったのは、まさに渡りに船と言えました。
実際に嬉しかったものの、当日を迎えてクリニック側の雑な対応に失望した事をよく覚えています。
結局採用されず、数年後そのクリニックがあった場所は閉鎖されているうえに怪しい噂もあったようなので関わらなくて良かったというのが本音です。
その怪しい噂について調べる最中で、色々と美容外科の求人もとい受付について調べてみました。
調べると言ってもネット上の情報を拾い上げただけであるため、はっきり言えば信憑性はないです。

仕事しんどくて美容外科の求人みてる

— ゆかさ (@yu_sa18) 2019年6月9日
しかし参考になる事には変わりないので、ひとまずそのまま受け止めています。
ネット上の情報によればまず未経験でも受付事務の仕事に応募し、採用されたケースがあるのは確かです。
そういった人たちは元々美容に興味があり、おまけに複数のクリニックの求人に申し込んでいた事が分かります。
確かに複数のクリニックに応募すれば採用される可能性は高くなりますし、何より熱意が感じられるポイントです。
場所によっては複数のクリニックへの応募は、マイナス的な印象に受け取られるかもしれませんが就職活動をしている身の上を思えば不思議ではありません。
正直に言えば、こうした熱意は当時の自分にはなく、むしろ「仕事なら何でもいい」という無我夢中ぶりだったので恥ずかしいと今さらながら思ったものです。